プロフィール

グラム

Author:グラム
AGIギロクロメインです。
ASPD193固定というポリシーの中で楽しさと強さを追求しています!

最近の記事

月別アーカイブ

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

メールフォーム

管理人に用事・報告等は こちらにど~ぞ

かうんたー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注意書き

管理人は蚤の市を応援しています

ブログ内検索

最新コメント

掲示板

since 2009/1/23 ハイスピードリッパーBBS

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビデオテープ救出大作戦

ROしてたら、また同僚がオレの家になだれ込んできました。

同僚「ビデオデッキがテープをくわえたまま返してくれません」
オレ「分かった、早急になんとかしようじゃないかb」

親友のピンチをいつも華麗に救うオレ。
まあもしこの時、ROで嫁っ子や真紅Gと組んでいたら

オレ「うっせぇバーカ、帰れ」

と簡潔にお帰り願うでしょうが(最低)


そして同僚の家に行き、ビデオデッキの状況を説明してもらいました。

同僚「今日の明け方のことですが、
    後輩から借りたビデオテープを見ようと思ってデッキに入れたところ、
    再生ボタンを押してもウィンウィン、早送りを押してもウィンウィンと、
    まるで感情のこもっていない受け答えをされるだけでラチがあきません」


オレ「ガ○ホーのような態度だな、てかいつも思うんだが説明は簡潔にお願いします」
同僚「とりあえず取り出しボタンを押しまくってみよう」

しかしどうやら意思が伝わったようで、ウィ、ウィウィ~ンと蓋が開き、
そしてテープの背が5mmほど排出され、そこで、止まりました。

オレ「その5mmに指をかけ、力いっぱい引くんだb」
同僚「奇遇だな兄弟、俺もそう考えていたよ」

しかし同僚がテープ引くも、押せども引けども動かざること山のごとし。

同僚「負けられないんだぁっ!」(何にだ)

そう叫んだと同時に、彼は全力でテープを引っこ抜こうとしました。

















クシャッ(ビデオデッキの中から、そういう音がしました)

同僚からは、冷や汗が大量ににじみ出ていました。
傍目に見ているオレですら「なにか取り返しのつかないコトが起こったのでは」
という感覚が、そこかしこにしました。

同僚「おいおーい!何でだよー(号泣)このビデオデッキとの付き合いは今年で6年目、
    これまでどんなハードワークも顔色一つ変えずこなして来た君じゃないかー」


しかし、ここで立ち止まってしまっては問題は解決しません。
何としてもテープを取り出さなくては……
使命感にかられたオレは、工具箱に手を伸ばしました。

ケースを開けて、テープを引きずり出しました
いまどきビデオってのも…
同僚「腸が…彼の腸が…」
オレ「なんともスプラッタな状況だな…」
同僚「あぁ、ここって俺ん家じゃん。
    誰も見てないし、少しだけ、泣いてもいいかな」


オレが見ているんだが、もはや彼は放っておいてテープ手動で巻き直し、
問題の部分を回避してデッキに収め、ようやく映像を見ることができました。
どんな映像だったかは皆さんの想像にお任せします。

しかし巻き戻しなどすれば、
もう一度あの悲劇が巻き起こる(テープだけに)ことは間違いありません。

同僚はすぐさま後輩にメールし、
「テープは新品を買ってお返しするけど、それで許してくれるかなぁ……」
と詫びをいれました。すると、

後輩「先輩のせいでもありますまい。気にしないでください」

と、あたたかい返信がありました。もう人情にメロメロです。

オレの中で彼の株、急上昇です。

オチ無し!(#゜Д゜)y-~~



追記:この後輩は転勤でもういません。とっても爽やか君でしたが…残念です。
    後輩っていっても同い年なんだけどねっ 懐かしや~



旧ハイスピードリッパー 2006/7/19掲載文

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。