プロフィール

グラム

Author:グラム
AGIギロクロメインです。
ASPD193固定というポリシーの中で楽しさと強さを追求しています!

最近の記事

月別アーカイブ

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

メールフォーム

管理人に用事・報告等は こちらにど~ぞ

かうんたー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注意書き

管理人は蚤の市を応援しています

ブログ内検索

最新コメント

掲示板

since 2009/1/23 ハイスピードリッパーBBS

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレのメットは多分もっと頑張れる子+α

最近連日天気が悪くて、
バイクで出られる日がとても少ないのでガックリきてるグラムです。

そんなオレが出来ること、
それはいざ出られる日に向けてメンテをすることくらいでしょう。

ライダーとして、バイクのメンテばかりじゃ不十分なのです。
myヘルメット(アクティブフルフェイスメット¥30500)
メットも手入れしてやらないとね!
キュッキュと磨いて、撥水剤もコーティングして…等とやっていたら、
引越し準備のときにひょっこり出てきたメットのマニュアルが気になった。

素人には思いつきもしない手入れ方法なんか書いてあったりするかもしれん。

そしてマニュアルを開いてみると、ひらりと一枚の紙。
!?

!?
!?Ⅱ
オレはすでに6年使ってるんだが…!

そして、オレは仕事柄ゆうに30回以上はコケている。
そのたびにオレの頭(ブレイン)を救ってくれたメットである。

…ヘタすると、常人のそれを大きく上回る酷使っぷりであろう、
黒いメットは数箇所剥がれ、シールドすら微細が傷で少し視界が悪いくらいです。

…黒く塗りなおして、シールドだけ交換すればまだまだイケるんじゃないかしら(´=ω=)

とか思ってるんですが、いい加減買い替え時かな(n'ω'`)


とか考えていたら、同僚が我が家のドアを乱打してくるので応対したら。

同僚「推理小説を書いたから、お前のブログに載せてくれ」
オレ「やだよ、ていうかブログってカンタンだから自分でやってくれよ」

同僚「いいじゃんかよーグラムはもうすぐ引越ししちゃうし最後のお願いだよー頼むよー」

もう何度目の「最後のお願い」か分からないが、
ヤツが執筆した推理小説を載せるので、
興味ある方は↓の追記をクリックして読んでみてください。



冷凍うどん殺人事件 ~君があまりにも眩しすぎたから~


ある夜。
俺はいつものようにコンビニに夕食の買い出しに向かった。

俺の移動手段は主に自転車である。
愛車のヘルアンドヘヴン号にまたがり、人通りもまばらな夜の商店街を疾走する。

ちなみにヘルアンドヘヴン号という名前の由来は、
一時期ブレーキとペダルとチェーンが一度にブッ壊れていたことがあり、
乗ったが最後 誰でも天国地獄行き、という暗い過去に起因している。


で、コンビニに辿り着いた俺は早速立ち読みし、食料を見て周った。
夕食の弁当とインスタントみそ汁、それから夜食用の冷凍うどんと飲料を購入し、
帰路についた。


俺のアパートからコンビニまでは2,3分の距離である。
帰り道も同じ道を通り、往復に所用した時間は、
買い物を含め20分ほどであった。


家につくと、俺はおもむろに夜食用に買った冷凍ウドンの封を破り、
我が家の電気コンロにて解凍を試みた。


実は、その日はとても空腹だったのだ。

普段なら弁当+みそ汁で満腹状態の俺だが、
その日は弁当+ウドンの合体技でも満足できるかどうか
…というぐらいまで腹を空かせていた。

ハンバーガーに換算すれば5個は余裕でいけただろう。


うどんを解凍しているうちに、トイレにて新聞をチェックすることにする。

朝はいつも、起き抜けにボストンバッグ背負ってけたたましく出掛けていくので、
新聞は夜読むことにしている。

そして、既に手遅れの新番組の情報などを見て血がにじむまで唇を噛みしめたりする


……シュン、シュン


台所で何やら音がする。
おそらく、冷凍うどんの鍋肌についた水滴が蒸発でもしているのだろう。
順調に解凍がすすんでいる証拠だ。

ここ最近、冷凍うどんがお気に入りである。
うどんのコシ、揚げの柔らかさ、ネギのシャキシャキ感にいたるまで、
そこらの回転寿司で出てくるうどんなどよりも全然上等なのだ。

何より電気コンロの上に置いて数分、というお手軽さが堪らない。
まさに一人暮らしの食生活必携のアイテムといえる


……シュン、シュン、シュワワー


……む?
何やら、ずいぶんとパワフルな蒸発音だな。

うちの電気コンロのヤツ、あんなに頑張れる子だったかしらん?
お茶を湧かすだけでたっぷり10分は余裕でかかるアノ子が、
今日に限って随分ヤル気じゃないの。失恋でもしたのだろうか?


ジュワワワ。ジュワワワワー


おかしい!絶対におかしい!

異変に気付き、
焦ってトイレを脱出した俺の目に信じられない光景が飛び込んできた。

立ち上る大量の水蒸気。流し台全体に広がる茶色の液体

鍋の中では、ブシュンブシュンと音を立てながら、
体中の水分を失った哀れなうどんが黒く変色し始めている。

「焦げくせっ」

一応火は止めたものの、もはや俺には見守ることしかできなかった。

ダシは既に回収不能。ウドンは発ガン性物質の固まりと化し、
唯一存命していると思われる揚げも、それのみでは何の意味も持たないことは明白である。


今、彼の命は尽きたのだ


失われていく命を前に、人は無力である。
俺は、ただただ立ち尽くすしか無かった。

一体どうしてこんな哀しい事件が起きてしまったのだろうか?

ただちに検証と考察をもって未来への教訓を築き、
二度と同じ要因による犠牲を生み出すことの無いよう尽力してゆくのは、
このような惨劇に直面した者の使命であり義務であり、
込み上げてくるやるせない感情を制御する為のたった一つの方向性であるように思われる。


冷凍うどんの購入先がコンビニである以上、
コンビニの仕入れの不備を疑うのがまずは当然であろう。

だがよく考えれば、冷凍うどんの器であるスチール製の鍋に、
そう簡単に穴が開くわけもないのである。

これは遺体を検分する必要があるな、と思った俺は、
無惨に散った若い命に弔意を捧げつつ、慎重に鍋をひっくり返してみるのだった。

「こ、これは…!」

スチール鍋の裏に……無数のデコボコが!

まるで、キツツキにでも小突き回されたようである。
これは一体……?

……その瞬間、俺の脳裏には、
アイスピックを振り上げ冷凍ウドンをメッタ刺しにするコンビニ店員の姿

「怖いなあ」

そうかそうか。ただのイタズラか……
まぁ腹立たしいけど、こうなってしまったもんは仕方ないな。

でも、もう二度とあのコンビニには行かない





そんな忌まわしい事件から、数日が経った。
俺は別のコンビニに夕食の買い出しに行くようになっていた。

距離的には少し不便になったが、
穴の開いていない冷凍うどんを買う為には仕方がない。

あの事件のことでコンビニに文句を言いに行こうかとも思ったが、
それは面倒なので止めておいた。

店側からすれば、
商品にアイスピックで穴が開けられているというのは大問題だろうが、
被害者である俺がそこまで親切をしてやる必要は感じなかったし、
何より面倒くさかった

コンビニの監視カメラの目を盗んでそんな芸当ができることから考えて、
もしかしたら犯人はコンビニの店員なのかもしれない……
だが、そんなことをどこかに発表する気もないし、何より面倒くさい
そんなことをして本格的に犯人の恨みをかったりしたらアレだし、
何より面倒くさいし


と、いったわけで、今日も俺はコンビニで冷凍うどんを購入し、
電気コンロの上に置き、そしてトイレに籠もるのだった。


……シュンシュン


……ブシュ、ブシュウ~


ジュワワワァアアアアアー!


軽いデジャヴに襲われつつトイレを脱出した俺が見たものは……

流し台に体液をまき散らし、無惨に鍋肌に焦げ付いた、
冷凍うどんの姿だった……





↑拍手ボタンです、匿名で管理人に文章を残せます


オレ「ていうか、これ数年前に実際お前にあったノンフィクションだよな」
同僚「あまり無いことだから、実体験でもそのまま小説にしてもウケはいいと思うんだ」

オレ「これで原因分かる人がいたら天才だと思うけどね」

回答編は後日書きますw

コメント

メットは、中の緩衝材が痛むので、見た目は大丈夫でも、すごく危険ですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メットは紫外線とかで勝手に劣化するから注意ですよ

メットは単純に寿命と言って良い状態かもですね…
同じやつを買えたら買って、仕事用とは使い分けることにします。
ていうかカラスさんもバイク乗る人だったの?w

非公開コメの推理、大当たり!おめでと~(パチパチ)
そんなことで穴開くんだなぁ、と当時はびっくりしたもんです。
詳細は後日書く回答編を参照してくださいw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。